楽鎮バランス整体




急に起こるケガの原因は?

朝起きたら首が痛くて回らない。
くしゃみをした途端、腰に電気が走り、そのまま動けなくなった。

痛みは突然襲ってきます。このような場合、患部に強い痛みを伴うため、治療も痛みに対するものがほとんどでした。 しかし、上述のような急に起こった痛みのように見える症状でも、実際は普段の身体の使い方の癖、偏りなどにより、 特定の箇所に負担が集中し疲労が蓄積する事により発症することが多いことがわかりました。

痛みの出ている局所の治療はもちろん大切なのですが、 負担が集中している部分の負担を減らすことでより根治を目指すことを目的に生み出されたのが「楽鎮バランス整体」です。

交通事故、骨折後の後療法

不幸にして交通事故にあわれてしまった場合や不慮に骨折をしてしまった場合などは、当然身体の使い方の癖などは関係ありません。

しかしケガの後には健常な時とは違う身体の使い方になってしまいます。
例えば、足を骨折した場合など松葉杖を使い、片足で歩いているうちに骨盤がゆがんでしまったりすることはよく見られます。
このように痛みや身体の動きが制限されることにより、正常な身体の使い方が出来なくなり、その結果身体の回復が遅れてしまいます。

受傷後できるだけ早い段階からバランス整体を行い、身体の歪みをその都度補正していくことで身体の回復力が高まっていきます。

楽鎮バランス整体

1.身体のバランスを立ち姿、寝姿で確認する。(視診、触診)
各関節の可動状況を確認する。(動かしたときに引っかかりや痛みがでないか?など)筋肉の張りなどを確認する。

2.指圧、ストレッチ、整体などの手技を独自に組み合わせたオリジナル整体で施術を行います。

3.何度か繰り返し行うことで身体が補正されていくと同時に正しい姿勢、 身体の位置を身体が自然と記憶するようになり、正しい身体の使い方が出来るようになってきます。

※身体の癖が何十年とある方の場合、数か月の期間で修正しきれない場合も多々あります。
その場合、引き続き港北マッサージにてバランス整体込みの指圧施術を受けて頂くことをおススメしております。

施術例(T様)


趣味のゴルフを楽しまれていたT様。スイング時に左手首の強い痛みを感じるようになり、 ゴルフクラブを握ることもできなくなってしまわれました。

① 身体の中心軸に対して左側に傾いてしまっています。

② 特に骨盤は左側が上がっており傾きが目立ちます。

③ 患部の左腕の肘が伸び切らずに曲がってしまっています。

④ 分かりづらいですが足の長さに違いがあります。

⑤ 左足首が曲がってしまっています。

ここまで身体の歪みがあると左手首だけを治療してもすぐに痛みが再発してしまう恐れがあります。
早速バランス整体を用い、治療を開始していきます。



おおよそ一カ月後、週2〜3回、約10回施術を行った後になります。

① 中心軸からの傾きはかなり改善されてきましたが首から上が右にスライドしているのが気になります。

② まだ左側が高い物の骨盤の傾きも初回より改善。

③ 左肘はかなり伸びるようになりました。

④ ⑤逆に目立ってきたのが左右の足の長さ。左右差が一目瞭然かと思います。左足の首の曲がりも変わらずにあります。


左手首の痛みはかなり軽減しておりゴルフの練習を再開されたそうですが、練習後は鈍い痛みがぶり返すとの事。
またバランスが整ったことで身体の使い方が変わった為、背中に筋肉痛が出るように!

引き続き治療を行っていきます。



2ヶ月半ほど経過した状況です。
初回より20回ほど施術を行いました。

① 中心軸のゆがみもほとんどなくなりました。

② 骨盤の傾きもなくなりました。

③ 肘もまっすぐに伸びています。

④ ⑤足の長さ、左足首の向きも正しい位置に戻っています。

左手首の痛みはすっかり消失し、更に背中の痛み、原因不明の食欲不振(?)なども改善したとの声を頂きました。
身体が良く動き、ゴルフも楽しいとの事です。
整骨部門での治療は終了間近で、今後は港北マッサージでケガのしづらい身体づくりをしていけば大丈夫だと思います。